スポンサーサイト

  

Posted by スポンサー広告 at

2008年01月29日

石川遼プロ・パナソニックと契約

男子ゴルフの石川遼プロ(16)が28日、大手電機メーカーの松下電器産業と所属契約を結んだというニュースは僕にとって嬉しいニュースです。所属契約先に関しては僕の予想企業2社のうちの1社でした。松下電器産業は今秋に社名を「パナソニック」に変更しますから、まさしくタイムリーな契約です。

5年契約で年間1億円の契約というのも石川遼プロにとっては心強いサポートになります。5年後彼は21歳、タイガーウッズがPGAツアーの史上最年少賞金王に輝いた年齢ですから、僕はこの5年という長期の契約には大きな意味があると思っています。

さて今後、石川遼プロの活躍が社会へ良い影響を与えてくれることを期待しています。僕が期待するもののひとつに子育てへの影響があります。石川遼プロのお父さんの子育てに関する記事をあるゴルフ雑誌で読んだことがありますが、それはもう立派なものでした。是非、本を出して欲しいですね。ベストセラーになるんじゃないでしょうか。

昔から『子は宝』と言われていますが、子供を大切にし子供が生き生きと勉強し遊ぶ世の中でなければ国の繁栄など期待できません。もっとも効果のある少子化対策は子供に夢を与える社会を作り、子供がたくさん欲しいという世の中にすることだと僕は思っています。  


Posted by 植木 一夫 at 07:26Comments(0)ひとりごと雑談