2011年06月16日

ホットスポット

ホットスポットという言葉をTVでよく聞くようになった。インターネットの接続ポイントのことではないらしい。調べてみると・・・

「ホットスポットとは、原発事故で放射性物質が大気中に放出された場合、風雨などの気象条件や地形などによって同心円状に広がらず、不規則に広がり局地的に放射性物質が高レベルで検出される場所のこと」

放射性物質とは簡単にいうと塵なので、これがどこに飛散するかというのは予測不可能である。まぁそんなに遠くまで飛ばないだろうと普通は思うけど、中国から日本に黄砂が飛来してくることを考えればそうも言ってられない。原発事故からまだ3ヵ月しか経っていないのに、かなり広範囲に放射性物質が拡散されているみたいで今後の情報には注意を払う必要がありそうだ。

雑誌で知ったのだが、関東方面のあるゴルフ場では放射能の測定数値を公表しているところもあって正直びっくりした。過敏に反応するのもいかがなものかとは思うが、関東方面と九州方面では放射能に対する関心度に差があるのは間違いなさそうだ。  


Posted by 植木 一夫 at 09:11Comments(0)ひとりごと雑談

2011年06月15日

福岡市人口

福岡市の6月1日時点の推計人口が147万5328人となり、京都市を抜き政令市で全国6位となったという記事を今朝の新聞で知った。福岡市では、この数年間で年間1万人以上のペースで人口が増加しており、この1年間では約1万6千人増加したとのこと。

僕が福岡市に移り住んで、約10年になる。ちなみに僕は生まれ育った大分市で約30年、関西(神戸、大阪)で約10年、そして福岡市で約10年と住まいを変えているが、やはり福岡市が一番住みやすい。どこに行くにも便利だし、都市機能が充実しているので快適に過ごせる。転勤で福岡市に来た人に聞くと皆口を揃えたかのように「住みやすい」という。

これから日本は人口減少社会になっていくわけだが、福岡市の人口はしばらく増えそうだ。「住みやすい」ところに人が集まる、とても自然な現象のように思う。つい先日も東京からUターン志望のITエンジニアの入社が内定した。家族で引っ越してくるので二人、人口が増えることになる。少し嬉しい。

今まで日本は東京を中心とした経済発展を遂げてきたわけだが、これからは地方中核都市を中心とした地方経済の発展に力を入れるべきだと僕は思っている。今こそこの国の新しい成長戦略を考える時だろう。  


Posted by 植木 一夫 at 11:01Comments(0)ひとりごと雑談

2011年06月02日

ブライダル需要

震災後、ブライダル需要が急増しているらしい。今週どこかのTV番組で紹介していた。たぶん生きている間に悔いのないようにということなのかも知れないし、いざという時ひとりでは淋しいということなのかも知れない。ちなみにブライダル需要の反対で震災離婚も増えているらしい。

また僕の知人で独立開業を目指している人がいる。彼も「震災で人生観が変わった」と言っていた。震災の受け止め方は人それぞれで、その後の行動もその人によって違う。しかし大なり小なり人生観や生き方を変えた人、また変えようとしている人は多いのではないだろうか。

さて自分のことに目を向けてみると、震災前と震災後では確かに変化が起きている。さすがに震災直後は滅入っている時間が多かったが、最近は将来のことを考えるのが楽しくなった。まぁあと元気で生活できる年数は20年くらいだろう。70歳を過ぎれば色々と体も悪くなるだろうし自分で勝手に20年と決めている。

あと20年しかないと考えるか、まだ20年もあると考えるか、それによってまた選択肢も変わりそうだ。
  


Posted by 植木 一夫 at 16:53Comments(0)ひとりごと雑談