2011年10月25日

西南大学で講義

今日は夕方から西南大学に出かけます。商学部の「実践仕事塾」という講座(全5回)の2回目のパートを引き受けさせていただいて、いわゆる講義を行います。

西南大学といえば九州私学ではトップと言われていますが、そこで講義するというのは何とも光栄なことです。参加者は10数名程度と聞いていますので少人数ということもあり出席者に考えさせる講座内容を考えました。書き下ろしです。

タイトルは「IT革命とベンチャービジネス」、受講していただいた学生の方に少しでもためになる講義ができるよう頑張ります。

ところで西南大学は自宅からとても近く5分くらいのところにあります。普段は塀(へい)のまわりを歩くことはあっても中に入ることはありませんから、今日はキャンパスの雰囲気を楽しんできたいと思ってます。

  


Posted by 植木 一夫 at 07:38Comments(0)日々の出来事

2011年10月22日

飯塚市起業家応援セミナー

いよいよ迫りました、起業家応援セミナー。10月28日、飯塚市の九州工業大学で基調講演をします。

主催は飯塚市、九州工業大学産学連携推進センターで九州工業大学情報工学部 500人講義室でお話をさせていただくのですが、話す内容もまとまり後は当日を待つだけです。基調講演のタイトルは「起業家精神が未来を拓く」で今回新しく資料を作成しました。新たな出会いも生まれそうで今からとても楽しみにしているところです。

飯塚市は以前よりベンチャー振興に力を入れている地域です。何といっても九州工業大学を抱える地域ですから優秀な学生が数多くいるわけで九州工業大学発ベンチャーで活躍している企業も多く、これからとても楽しみな地域です。

アメリカのシリコンバレーに行ったことがあるのですがそこは決して都会ではなく、そこにあるのは優秀な頭脳をもった人材群とそれを支援するVCやロイヤー達です。つまりは人です。人が新しい価値を創造し、イノベーションを起こしていくわけですから、優秀な学生を輩出する地域の未来は明るいと思います。

これから新たな産業の担い手であるベンチャー企業への期待がますます高まっていくはずです。今回の僕の講演を聞いてくださった方の中からひとりでも多くの起業家が生まれることを期待して、拙い経験ではありますが一生懸命、お話をさせていただこうと考えているところです。

「起業家応援セミナー」へリンク

  


Posted by 植木 一夫 at 09:41Comments(0)ベンチャー応援

2011年10月17日

東京生活

先週の火曜日から今週の月曜日まで、ずっと東京にいました。

足がぱんぱんです・・・

あまりに足が痛いので、革靴からスニーカーに履きかえました。

アスファルトの上を革靴で歩くのは結構体力が必要です。  


Posted by 植木 一夫 at 23:02Comments(0)日々の出来事

2011年10月07日

新たな目標

新たな目標が決まりました。

新たな目標に向かって全力で走り抜いて行きたいと思ってます。

自分の人生の集大成を、この5年間で達成するつもりです。


「身を屈し 分を守り 天の時を待つ 蚊龍の渕にひそむは昇らんがため」


僕の好きな三国志の中に出てくる劉備玄徳の言葉です。

5年後がとても楽しみです。
  


Posted by 植木 一夫 at 07:25Comments(0)ひとりごと雑談

2011年10月06日

転機

人生の転機とは何回くらい訪れるのだろうか?

僕の今までの人生を振り返ると二十歳を過ぎてから6回くらいの大きな転機があったように思う。

・・・ということは今回で7回目の大きな転機となりそうだ。

始まりがあれば終わりがある。

そして終わりはまた新しいスタートだ。

縁とは不思議なもの・・・、今回の件でつくづくそう感じた。

ところで明日(10月7日)の朝刊にはどういう風に書かれるのだろう・・・

少しどきどきしてます(笑)

  


Posted by 植木 一夫 at 17:55Comments(0)ひとりごと雑談

2011年10月06日

スティーブ・ジョブズ

「毎日を人生最後の日であるかのように生きていれば必ずひとかどの人物になれる」

アップルの元CEOスティーブ・ジョブズが17歳の時に出合った言葉らしいです。
彼がいなかったら現在のIT業界もずい分とその勢力図が違ったものになっていたのではないでしょうか・・・。

56才の死はあまりに早すぎるような気がします。  


Posted by 植木 一夫 at 11:02Comments(0)ひとりごと雑談