Posted by at

2013年03月29日

18年と1か月

急な話で驚かれた方もいるかも知れない、僕自身も自分から驚かされた、18年と1か月続けた会社の社長職を2013年3月末日で終えることになった。振り返れば、あっという間の18年と1か月だった。

1995年、18年前に僕は大阪市西区で起業した。阪神淡路大震災から約1か月半、この年は地下鉄サリン事件、警察庁長官狙撃事件などが起こり国内は騒然とした年だった。バブル崩壊直後である。スタート時の社員はゼロ、お客様もいない、そして商品らしい商品やこれといったサービスもない中でのスタートだった。5坪の事務所に電話1台おいて営業を始め、とにかく毎日必死で働いたことを覚えている。分からないことだらけ、しかし楽しかった。もっとも輝いていたときかも知れない。

18年間の出来事が頭の中を巡る。楽しかったこと、嬉しかったこと、悲しかったこと、そして悔しかったこと。成功した数より失敗した数の方が多いのかも知れない。しかし今日生かされているのは運が良かったからなのだろう、そう信じている。34歳で起業した僕も今は52歳、まだまだやれると思うが引き際は惜しまれながら辞めるくらいでちょうどいい。代表取締役社長は退任するが最高顧問という新しい役職もいただいたことだし、立場は違うがこれからも新しいことにチャレンジして頑張っていきたい。

たくさんの人から支えられ、18年間やってこれた。感謝の気持ちでいっぱいです。お世話になった方々に心より御礼申し上げます。ありがとうございました。

  


Posted by 植木 一夫 at 08:27Comments(0)日々の出来事

2013年03月13日

シェールガス革命で世界は激変する

長年、お世話になっている産業タイムス社の泉谷社長からサイン入りの本をいただいた。



泉谷さんありがとうございます。しかもなんと僕の尊敬する長谷川慶太郎さんとの共著ではないか!当然、一気に読ませていただいた。

この本はたくさんの人に読んでほしい、そう思った。まさに未来への希望であふれている。既に米国ではシェールガスの産業界での利用が始まっているが、近い将来、必ず日本での利用が始まるだろう。そうなれば日本のエネルギー事情もがらりと変わってくる。なんといっても1キロワットあたり6円という低コストで発電できるのだから。ちなみに石油を使った火力発電で10円、太陽光発電の現在の買い取り価格の42円(来年度は少し下がるらしいが)と比較して話にならない低コストなのである。

更にシェールガスは二酸化炭素の発生量も低く環境にも優しい。いいことづくめだ。僕は自然エネルギーを否定するするつもりはないけれど効率が悪すぎる。現在、全国のあちらこちらでメガソーラーが建設されているがそのブームも早晩終わるかも知れない。260箇所のメガソーラーの候補地があるらしいが、そこで賄える電力は僅か39万世帯分、これでは話にならない。日本全体4400万世帯の中の1%にも満たない。

シェールガスが普及すれば世の中がらりと変わる。既に米国の製造業は中国から引き揚げて本国回帰が始まっているようだ。日本もそうなることを期待したい。また中東などの産油国の情勢も大きく変化するだろうし、原子力発電も将来不要になる可能性が高い。シェールガスを使った火力発電で十分カバーできる。今後、株式市場でもシェールガス関係銘柄が注目されるに違いない。

まさにシェールガス革命だ。その革命を支えている技術には日本のガスタービンをはじめ数多くの技術が使われている。素晴らしい。石油社会からガス社会への転換、パラダイムシフトだ。



  


Posted by 植木 一夫 at 14:21Comments(0)おすすめの本

2013年03月04日

ビジスタ復活祭

明後日(2013年3月6日)、伝説のビジネス交流会「ビジスタ」が復活する。前回のビジスタでは初代代表幹事を務めさせていただいた。今回、僕は運営には一切携わっていないがなんとか時間もとれたので本日参加することを決めた。

かなりの応募者がいるらしいので今から申し込んでは間に合わないと思い、主催者に直接電話して無理をいって参加させていただくことにした。主催者の中村政史さん、ありがとうございます。

前回の「ビジスタ」では多数のゲストによるスピーチと様々な出会いを演出し、福岡のベンチャービジネスに一石を投じることができたと思っている。今回の新しい「ビジスタ」はスケールも当時の3倍程度に大きくなっているようだし、とても楽しみにしている。たったひとつの出会いが人生を大きく変えていく場合がある。今回のパワーアップした「ビジスタ」に福岡の新たなビジネスシーンを演出して欲しい、そう願っている。

ビジスタ復活祭  


Posted by 植木 一夫 at 12:45Comments(0)ベンチャー応援