2014年07月25日

福岡ベンチャークラブ総会 2014

昨日(7月24日)、中洲川端のグラナダスィートで福岡ベンチャークラブ総会が開催された。久しぶりの単独総会であったが100名近くの参加者があり盛大な総会となった。総会のあとはグランディーズ(福証Qボード:証券コード3261)の亀井社長の講演が行われた。

亀井社長とは同じ大分の同郷ということで親しみが湧く。その七転び八起きというか不屈の生き方には学ぶところが多かった。参加した起業家もかなり触発されたのではなかろうか。「地方だからこそベンチャーにはチャンスがある」という亀井社長の言葉はまさに我が意を得たりであった。

起業家支援の会社(アントレエイド株式会社)を立ち上げて早いもので一年が経過した。その間、多くの起業家の相談を受けた。また実際に8社ほど社債の引き受けや増資の引き受けを行ってきたが、課題も少なくはない。だが福岡市も創業特区に選ばれ、これからベンチャーの発展が期待されているし、少しでも役に立つことが出来ればと思っている。

僕がこの福岡ベンチャークラブと関わって、早や10年以上が経過した。その間、自分の立場も福岡ベンチャークラブも変化があったが、それ以上に世界は大きく変化した気がする。これからも世界は大きく変わっていくだろう。だからこそベンチャーにはチャンスがある。


  


Posted by 植木 一夫 at 15:31Comments(0)ベンチャー応援