2015年01月30日

マレーシアという国

3年ほど前からマレーシアに注目している。先週から今週にかけて5日間ほどクアラルンプールに滞在した。行く度に街が変化していて驚かされる。マレーシアにいるととてもリラックスできる、特にこの時期寒い日本では考えられない暖かさで日中の気温は30度を超える。滞在中2度ほどゴルフをしたが熱中症で倒れるんじゃないかと心配するくらいの暑さだった。

クアラルプールではいつもBangser South City というところに滞在する。初めてここにきたときには欧米人はほとんど見なかったのだが今回かなりの欧米人と出会った。ヨーロッパから数多く来ているようだ。コンドにステイしているから、おそらく仕事で来ているのだろう。インド人、韓国人も多く見られた。若い人が多いせいか街全体に活気があり、いたるところにコンドが建設されている。価格は3年前よりかなり上昇していてややバブル気味の感はあるものの需要も旺盛のようだ。

マレーシアはシンガポールと隣接しており経済的には結びつきが強い。元々ひとつの国だったので当たり前といえば当たり前かも知れない。元イギリスの植民地だったので教育レベルは高く、日米と同じく契約社会だ。言語は英語が通じる(やや訛りがあるけど)。いわゆる法治国家で契約を重んずる社会だ。日本からマレーシアへの送金、マレーシアからの日本への送金もスムーズに行われる。僕は今回、マレーシアから日本に送金してみたのだが翌日には日本の銀行に着金していた。おそらくこれくらいスムーズに送金できるのはASEANの中でもシンガポールとマレーシアくらいではないだろうか。安心して投資が出来る国だ。

産油国なので昨今の原油安には多少の影響はあるだろうが、それ以上に経済発展が目覚ましい。マレーシアはASEAN地域のビジネスの中心地になると僕は見ている。また中東諸国、ヨーロッパとのゲートウェイとしての役割も担っていくような気がする。この3年間でマレーシアにもたくさんの友人が出来た。皆、親日的でとてもフレンドリーだ。もしもこのブログを読んでまだマレーシアに行かれてない方は是非とも出かけてみてほしい。クアラルンプールは福岡市より都会です。  


Posted by 植木 一夫 at 13:02Comments(0)日々の出来事

2015年01月06日

2015年 新年の抱負

2015年も明けて早や6日となった。少し遅くなりましたが・・・

「あけましておめでとうございます」

さて毎年この時期、新年の抱負を考えるのだが今年は5つ考えた。

1.本業のベンチャー支援事業を拡大。今年は3社に投資する予定。既に1社投資先が決定しているのであと2社の投資先を見つける。投資先の成長を支援し、共に成長したい。そして3社増えると、合計10社となる見込み。

2.社会起業家を目指す元年としたい。今もっとも注目しているのは少子化問題と地方活性化の問題。とりわけ少子化問題は深刻な課題で自分にできることを模索していきたい。年始からその類の本を読んで研究中だ。

3.趣味の領域の話だが、ゴルフのハンディキャップを縮めたい。現在のハンディは12.4。シングルが目標だがここからがなかなか縮まらない。せめてハンディを10まで縮めるのが今年の目標。

4.ゴルフ以外の趣味でヨット、バイクを楽しみたい。ヨットは自分で操船できるようになること。バイクは長距離ツーリングにチャレンジしたい。

5.今年の年末も健康で迎えること。

この5つを新年の抱負とした。上記2の社会起業家だが福岡に住んでいるからできることがあるように最近感じている。東京一極集中と少子化とは関連性があると考えている。これについては持論があるのでこのブログを通して発信していきたい。

それでは皆様にとって良い一年でありますように。  


Posted by 植木 一夫 at 15:25Comments(0)