Posted by at

2016年03月31日

桜 2016

福岡城址にある舞鶴公園の桜は福岡県内では1位、全国では6位の桜の名所らしい。今年は運よく舞鶴公園の桜を見ることが出来た。この美しい花を1年のうちで僅かな期間しか見れないのはまことにもったいないと思う。

しかしそこがまた桜の良いところなのだろう。ぱっと咲いて、さっと散る。咲かずに散ることはない。僅かな期間だからこそ心に残るのかも知れない。桜の花が咲くと春の訪れだ、希望溢れる季節を感じる。

そして55歳の今年は例年よりもさらに希望に溢れて、わくわくしている。久しぶりに毎日が充実していて楽しい。成功も失敗も全て楽しい、そのような心境で今年の桜を見ることが出来た。

振り返れば僕はいつもチャレンジを続けてきたように思う、それがあるところから守りに入ってしまった。そしてなんとなくつまらない時間を過ごすことが多くなった。これではいけない、そう思ったとき新しくチャレンジする舞台を見つけることが出来たのは幸せである。今までの経験を集大成して新しい会社を立ち上げるつもりだ。まずは1年後の桜の季節まで全力で走るつもりだ。








  


Posted by 植木 一夫 at 12:56Comments(0)日々の出来事