2008年11月13日

パラダイムシフト

パラダイムとは「認識のしかた」、「考え方」、「常識」、「支配的な解釈」という意味でここでいうパラダイムシフトとは「人々が持つ共有の認識(もしくは常識)の変化」という意味である。

これから起こる経済危機は我々に今後大きなパラダイムシフトをもたらすであろう。人生には3つの坂がある、上り坂、下り坂、そして「まさか」だと・・・。聞いたことのある人も多いと思うがこの「まさか」が連続して起きているのが今の世界経済状況だ。あちらこちらで信用収縮が増幅している、そして僕はこれから年末に向けての企業倒産を危惧している。

企業の信用状況を見る上で僕が最近注意深く観察しているのはネットキャッシュである。僕は単純に手持ち流動性資金から借入金を差し引いて見るのだがネットキャッシュがマイナス方向に大きく振れている企業には注意が必要だ。

今こそ起業のチャンスだ、ベンチャーだと言いたいところだが現在の起業はリスクが極めて大きいことを改めて知るべきだ。それでも起業にチャレンジする人は嵐の中を船出する覚悟で臨む必要があると思う。僕が起業した1995年はバブル崩壊の直後で経済状況は決して良くはなかったが現在の経済状況は当時より悪いと感じている、というかこれから悪くなると予想している。

起業当時のバブル崩壊は日本限定の地域で起きた現象だったが今回のバブル崩壊は規模が違う、世界全体を襲っているのである。アイスランドの経済破綻危機はまだ序章なのかも知れないし、世界の経済環境に関するパラダイムシフトにはもう少しの時間調整が必要なのかも知れない。

同じカテゴリー(ひとりごと雑談)の記事画像
2013年 新春おすすめの本
アメリカ合衆国の人口
KLとMM2H
電機産業 興亡の岐路
あおぞら
さばの缶詰
同じカテゴリー(ひとりごと雑談)の記事
 企業の生存確率 (2015-02-13 14:31)
 東京に行かなかった年 (2014-12-17 11:21)
 読書のすすめ② (2013-07-19 06:52)
 読書のすすめ (2013-07-18 12:45)
 IT革命と雇用 (2013-07-05 15:58)
 Why Malaysia? (2013-07-02 07:54)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。