2011年01月15日

始動

毎年この時期は大変忙しい。・・・というのも当社の決算月が2月末ということもあり、来期に向けての予算作成や新組織体制の人事やらで目のまわるような忙しさとなるのが年明けのこの時期となるからである。

なぜ決算月が2月なのかというと答えは単純で会社を創業したのが3月だからである、創業以来決算月は変更していない。

加えて今年は2011年春・新卒社員の面接を追加で入れたものだから、もうてんやわんやの状態である。スタッフの負荷軽減のために会社説明会では一部受付も担当した。事前に会社のHPなどで僕のことを知っている学生の方も多く軽く会釈をされたりもした。

年明けのこの時期が来期に向けての実質的な始動の時期となる。そして気力がもっとも充実した時期でもある。

同じカテゴリー(ひとりごと雑談)の記事画像
2013年 新春おすすめの本
アメリカ合衆国の人口
KLとMM2H
電機産業 興亡の岐路
あおぞら
さばの缶詰
同じカテゴリー(ひとりごと雑談)の記事
 企業の生存確率 (2015-02-13 14:31)
 東京に行かなかった年 (2014-12-17 11:21)
 読書のすすめ② (2013-07-19 06:52)
 読書のすすめ (2013-07-18 12:45)
 IT革命と雇用 (2013-07-05 15:58)
 Why Malaysia? (2013-07-02 07:54)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。