2012年04月18日

KLとMM2H

実に1ヵ月ぶりの投稿となってしまいました。もっと更新しないとだめですね。Face Bookでは時々アップしているのですが、ブログも書かないといけません。

さてブログタイトルのKLとはクラルンプールの略称です。KLはマレーシアの首都、ちなみに行政首都はプトラジャヤにあります。KLは北に行くとタイ、南に行くとシンガポール、そしてインドネシアに隣接するASEAN地域の中心に位置しています。

実は今日の早朝、KLから帰ってきました。今年2度目のKLです。15年前に1度KLに行ったことがあるのですが当時よりも治安は格段に良くなっているし、街全体とても清潔な印象を受けました。マレーシアの人口は約28百万人、国土面積は日本の9割程度、緑の中に都市が建設されているような感覚で非常にリラックスできます。

高速道路や鉄道網のインフラはかなり充実しています。マレーシア政府は2020年に先進国入りを目指していてその中のプログラムにMSC(Multimedia Super Coridor)というプログラムがあって僕はここにとても注目しています。

マレーシアの魅力は一言ではなかなか難しいのですが、水が豊富で緑が多く、物価は安定して安く、治安も悪くない、国民の92%が英語を話し親日的です。加えて気候は年中温暖で自然災害が少なく台風は来ませんし地震もほとんどありません。宗教的な対立もほとんどないと伺いました。ちなみに日本人が最も住みたい人気のある国がマレーシアらしいです。

MM2HといのはMalaysia My 2nd Home の略でマレーシアに住みたい人に長期滞在ビザ(10年)を発行するプログラムのことです。リタイヤした日本人の方などが申請しているそうです。MM2Hを取得したからと言って住まなければならないという制限はありませんから僕も取得にチャレンジしてみます。今まで10数カ国の国に行ったことがありますが住んでもいいなぁと思ったのは今回が初めてです。ちなみに昨年の日本人のMM2Hの申請数はその前の年の2倍あったそうですからこれから更に人気化するのではないでしょうか。これからもアジアに目を向けていきたいと思ってます


有名なツインタワービルです。


MSCの指定地域のひとつBangser South です。

同じカテゴリー(ひとりごと雑談)の記事画像
2013年 新春おすすめの本
アメリカ合衆国の人口
電機産業 興亡の岐路
あおぞら
さばの缶詰
支援物資
同じカテゴリー(ひとりごと雑談)の記事
 企業の生存確率 (2015-02-13 14:31)
 東京に行かなかった年 (2014-12-17 11:21)
 読書のすすめ② (2013-07-19 06:52)
 読書のすすめ (2013-07-18 12:45)
 IT革命と雇用 (2013-07-05 15:58)
 Why Malaysia? (2013-07-02 07:54)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。