2006年10月09日

備えあれば憂いなし

前にも少しお話しましたが、僕の処世術に

最悪の事態を想定して行動する

というのがあります。良いことがあるのは不思議で、悪いことがあって当たり前という考え方です。
この考え方を持つと全てにおいて気が楽になり、また逆にうまくいくことの方が多い気がします。

備えあれば憂いなし

この考え方にも通じます。決して未来を悲観しているわけではありません。
どのような明日が訪れようと、受け止めていけるような心構えを常に持つことが大切だと思います。

僕も会社を設立したとき ”最悪の事態” を想定しながら行動していました。
事実、そうなる一歩手前まで追い詰められたこともありますが、不思議と動揺はなかったです。
また勤めに出て働けば良い、借金も返せない額ではないと、慌てることはありませんでした。
これから会社を起業しようとする人には、こういう考え方もあるのだなと理解していただけたらと思っています。

同じカテゴリー(僕の好きな言葉)の記事
 類は友を呼ぶ (2011-08-31 22:22)
 物言えば・・・ (2010-01-27 09:04)
 人間万事「塞翁が馬」 (2007-12-13 06:58)
 虚心坦懐 (2006-12-21 10:20)
 岩もあり・・・ (2006-11-15 22:23)
 捲土重来 (2006-10-19 22:56)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。