2012年02月04日

電機産業 興亡の岐路

「電機産業 興亡の岐路」

本日(2月4日)の日経新聞中面の見出しタイトルである。なんともショッキングな話題である。

特に家電メーカーの業績悪化が深刻だ。ソニー、シャープ、パナソニックの大手3社はともに赤字、今後日本経済への影響は雇用悪化も含め懸念されるところだ。突然、昨年末に読んだ本のことを思い出した。本のタイトルは「さよなら!僕らのソニー」。

色んな意味で考えさせられる本だった。



同じカテゴリー(ひとりごと雑談)の記事画像
2013年 新春おすすめの本
アメリカ合衆国の人口
KLとMM2H
あおぞら
さばの缶詰
支援物資
同じカテゴリー(ひとりごと雑談)の記事
 企業の生存確率 (2015-02-13 14:31)
 東京に行かなかった年 (2014-12-17 11:21)
 読書のすすめ② (2013-07-19 06:52)
 読書のすすめ (2013-07-18 12:45)
 IT革命と雇用 (2013-07-05 15:58)
 Why Malaysia? (2013-07-02 07:54)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。