2012年12月26日

年の瀬におもう

早いもので2012年もあと1週間をきった。年末に行われた総選挙で政権交代、自公連立政権が発足し、来年へ向け期待のもてる年末である。既に為替相場は円安に推移し、日経平均も1万円の大台にのせている。行き過ぎる円安には警戒が必要だが適正な為替相場というのは必要だろう。

昨今の異常な円高によって輸出関連企業はかなりの打撃を受けている。やはり製造業が国内に留まらないと国内の雇用は回復しないのではないか。特に地方での雇用の受け皿として製造業への期待は大きい。まずは円安が自動車産業に恩恵をもたらし、その周辺の部品産業や半導体産業に好循環をもたらすことを期待したい。

景気が良い悪いの目安はお金がまわっているかどうかという判断によるところが大きい。お金を動かして景気を良くしてほしいと思う。特に世代間格差というか高齢者のもっているお金が若者に渡るような仕組みをつくってほしい。若い世代の人達にはお金が必要だ。欲しいものもいっぱいあるはずだし、やりたいこともたくさんあるはずだ。

株式相場も早いうちに日経平均が1万5千円くらいにならないものか。資産が増えるとお金を遣う人も増えてくるだろう。バブルを起こしてはいけないが経済成長のためには株式相場が活況となることは良いことだと思う。諸外国に行って痛感することは日本のもっている社会インフラの素晴らしさだ。治安も含めたインフラの素晴らしさは他国ではそうそうない。法も整備されているし、チャンスにも恵まれている。そろそろ日本復権のときが来ても良い時期である。

同じカテゴリー(ひとりごと雑談)の記事画像
2013年 新春おすすめの本
アメリカ合衆国の人口
KLとMM2H
電機産業 興亡の岐路
あおぞら
さばの缶詰
同じカテゴリー(ひとりごと雑談)の記事
 企業の生存確率 (2015-02-13 14:31)
 東京に行かなかった年 (2014-12-17 11:21)
 読書のすすめ② (2013-07-19 06:52)
 読書のすすめ (2013-07-18 12:45)
 IT革命と雇用 (2013-07-05 15:58)
 Why Malaysia? (2013-07-02 07:54)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。